JOURNAL

STYLE-LOOK '19AW 水晶

STYLE-LOOK '19AW 水晶

ダイヤのように透明、だけど輝かない。水晶の無垢な表情は、私たちの探究心をくすぐります。それは文豪・谷崎潤一郎の文章からも日本の風土と重なるからのよう。光と影、その間を繋ぐような物作り。

What human hands know

What human hands know

ゴールドは、柔らかく温かなもの。 人の手からジュエリーが生み出される様子を初めて目にした時、金属は硬くて冷たいものではなかったんだと実感しました。そんなジュエリーだったら、ずっと身に着けていられるかもしれない。

modern & classic

modern & classic

Gold&Diaは、私たちがBasicとして探求しているコレクション。特に〈Je t'aime〉というゴールドリングから始まったメデルとしては、ゴールドからスタンダードなフォルムを見出だすということにとても重きを置いています。

Your scenery

Your scenery

水晶について思索を深める中で読み返した『陰翳礼讃』の中の一節。「われわれは一概に光るものが嫌いと云う訳ではないが、浅く冴えたものよりも、沈んだ翳りのあるものを好む。」この言葉に惹かれました。少しつむじ曲がりな物言いにも思えますが、ここに私たちの好むニュアンスが絶妙に表されていると感じます。

19AW LOOKBOOK

19AW LOOKBOOK

今シーズンのアイテムから、魅力的なジュエリーを抜粋してご紹介します。

モノトーン

モノトーン

赤と青と黄の光を混ぜると、白い光になる。空が何色に見えるかは、この光の波長の仕組みによる。これを学んだ時には不思議で仕方ありませんでした。一方で、赤と青と黄の絵の具を混ぜ合わせたら、黒色が生まれる。

A willing look

A willing look

一枚の絵が目に留まりました。スークで地面に腰をおろし、籠に盛った柘榴を売る少女。フランスの画家ブグローが描いたものです。この少女を描いたポートレートもあり、柘榴を手にした彼女のはっきりとした黒い眉と眼差しがとても美しいものでした。

STYLE-LOOK '19AW 柘榴石

STYLE-LOOK '19AW 柘榴石

"ざくろ石"という和名がさすように、果実のざくろのような朱赤の素材。'19AWのガーネットをご紹介します。

日常の移ろいを映すもの

日常の移ろいを映すもの

画家の藤田嗣治の回顧展を観に行ったとき、渡仏した直後に藤田は冬のパリの曇り空を「真珠のような空」と表したと綴られているのを目にしました。

Touch of the light and shadow'19

Touch of the light and shadow'19

水晶。何色でもない、真っ透明なその鉱物。無垢であり、無味ともいえます。他の宝石と比べれば取るに足らないと思う人が多いかもしれませんが、私たちはそんな水晶に惹かれ続けています。

'19AW Prologue

'19AW Prologue

美しい光は記憶に残ります。昨年の冬のことです。私たちアトリエは札幌でのCARAVANを終え、次の土地に発つ前に、せっかく来たのだからと道東へ車を走らせていました。

輝きの中に“調和”を見る

輝きの中に“調和”を見る

私たちがブライダルにおいて最も心がけている「使い続けて美しくなる」こと。そのためには見た目も心地も、日常の中で違和感のないことが大切になります。

時が生みだす質感

時が生みだす質感

私たちがブライダルリングを作る上で、最も大切にすることは「使い続けて美しくなる」ことです。ご結婚指輪は20年30年と同じ一つを着け続けるもの。つまり持ち主が過ごした時間がそのまま刻まれていきますし、小傷もへこみも時間の痕跡です。

#75 跡を残すこと - Hand Engraving -

#75 跡を残すこと - Hand Engraving -

Journal #75 跡を残すこと - Hand Engraving - 今年のCARAVANで京都を訪れた時のこと。私たちは古いものを扱うミュージアムに立ち寄りました。多くの魅力的な蒐集物の中で、一際目を引く物がありました。 それは、シックな什器の中に佇むヴィンテージのゴールドリング。見た目はとてもシンプルな甲丸のリングで、おそらく誰かの結婚指輪だったもの。よく見ると、中に手彫りの刻印が刻まれているものでした。 リングの内側を見ることは、その人のプライベートな部分に触れたような心地。持ち主は一体どんな人だったのだろう、どんな気持ちを込めて文字を刻んだのだろう。気づけば長い時間、想いを馳せていました。 身につけているときは、リングの内側が見えることはありません。内側に込める刻印は、その人の内面や美意識を表すものにもなるでしょう。ふとした時に他の誰かの目に触れ、その人らしさを示すもの。手彫りの刻印は、今それを施すことの意味合い以上に、これから何十年と時を経た時に始めて、それを刻んだ真価が滲み出てくるものではと思っています。 mederuでは、持ち主の証として文字を刻む手彫り刻印、月桂樹の絵柄を彫り刻んだPreuveと、これから長く時を過ごすマリッジリングの美しい表現として「手彫り」を探求してきました。 手で刻んだ彫り跡は、レーザー刻印などの機械彫刻と比べ、より深くしっかりと、そして滑らかに刻まれます。深く刻まれた文字は、長く時を重ねても消えずに残り続け、手仕事による美しいカリグラフィは、その人の美観を静かに顕します。 これからの未来に、刻んだ跡が残っていく姿を想像します。有限の私たちを越えて、美しいものは少しづつ形を変えながら在り続ける。刻印を刻んでお仕立てするあなただけのリングが、今とこれからを繋ぐものであれたなら嬉しいです。 (アトリエスタッフ・工藤)